Purple Glasses Girl

日本語教師の卵 言語学習のあれこれ 時々コーヒー

英検とTOEICを受けてみたぞっ

語学学習に終わり無し

母国語だって使わなかったらおぼつかなくなってしまうがゆえ、第二言語はある程度習得した後も継続が重要ですよね。

ってことで、自身の英語力を客観的に見るためひさーしぶりに英検(準一級)とTOEICを受けてみました。

(日本に居る限り、英語力を書面で示せる何かはないよりあった方がいいですしね)

 

それぞれの結果と詳細はこちらです

 

 

実用英語技能検定(英検)

結果:一次試験不合格

合格ライン:1792点 /2250点満点

獲得点数:1786点(Reading:558点・Listening:604点・Writing624点 /各750点満点)

 

中学生以来受験した英検。

一級を受験しなかったのは、ネイティブの友人に一級の過去問を見せたら、

「こんな単語日常で絶対使わないから、これのために勉強しても無駄だよ!」と言われ実用性を重視して準一にしました。

語彙以外の対策を何もせずのぞみましたが、Writingが思ったより点がもらえてビックリ。

Readingの序盤の穴埋めで正解が分かっていたにも関わらず、他の選択肢に惑わされ落とした問題が数問あったのが非常に勿体なかったなと反省…

 

Listeningもしっかり聞けば答えられたのに、集中力が続かなかったのが反省点です。

受験者の平均年齢がTOEICに比べやはり学生が多く若い感じがしたので、やはり英検は一級以外は受験を有利するのに使われるのかなと感じ、20代半ばの私はちょっと場違いな感じがしました。

 

Test of English for International Communication(TOEIC

結果合計:750点 /990点満点

獲得点数:Listening 470点・Reading 280点 /各495点満点

 

受験は2013年3月以来、約4年半ぶり。

今回で受験6回目とかですが、初めて700を超えることができました。

英検の語彙の勉強をしてたこともあり、TOEICに関しては完全ノー勉でのぞみましたが、文法系の問題が7割以上とれたので、日頃やってることが身になったかなと体感。

ただ語彙系が、Listeningだと理解出来るものが、Readingでは理解しきれず点がのびなかったので、Readingも同じぐらい取れれば800や900超えも出来そうだなと感じました。

新形式になって初めての受験でしたが、Listeningに関しては複数人の会話が2人だろうと3人だろうと特に聞き取る手間は変わらない気がします。

しかしReadingは3つのpassageを読むのは時間がかかり、旧形式の時より速読を求められる気がします。

回答する時間配分が難しかったですが、Readingのトピックがスマホのメッセージ等の現代的なものやより実用性のあるものになって面白かったです。

 

 

 

英検、TOEICともに改めて受験して思ったこと。それは、

日本人ってテスト好きだな

ってことです。

これがもしアメリカだったら、アメリカで第二言語としてメジャーなスペイン語のスキルを履歴書に書くのに使えるスペイン語技能試験なんてあるのだろうか…と。

私はもともとテストやテスト勉強が苦手で、英検やTOEIC対策の勉強が未だどうやったらいいのか分かりません。

英検もTOEIC、ちゃんと勉強すれば合格・高得点とれたと思います。

ただ、試験に向かって勉強するとどうしても試験のためだけに決まった語彙や文法を覚えてしまう傾向があり、実践力にかけると思うんです。

もちろんレベルとして受験してスコアも示せるのは、企業や学校にとっていいのかもしれませんが、本当に語学が出来る人材が欲しいのなら、英語面接や英語での接客・応対のロールプレイとかやれば実践力のある語学力があるか分かると思います。

語学を習得する側も、習得してる人が欲しい側も、意識チェンジをしない限り日本人はずっと英語が話せないままだし、英語教育も変わらないんじゃないかな。

 

 

 

なんだか話が表題と大きくズレましたが、今回はこの辺で。

 

 

--------------------------------

最近ハマってるYouTubeチャンネル、

Psych2Go”っていう心理学チャンネルおすすめ!

アニメーションが可愛いくて面白いし、とても分かりやすいので見やすいです!

www.youtube.com

内向的と外向的が共存するには

こんな動画をみつけた。

 

youtu.be

 

 

とても共感。

特に世間が「社交性」や「協調性」を言うてくるけが、1人でこつこつやるのが向いてる人だっているんだし。

 

ちなみに私は両向(内向的と外向的の間)らしい。

according to 

Are You Naturally An Introvert, Extrovert, Or Ambivert? [revised] | Playbuzz

日本で「英語のある生活」をするために

あなたの日常で英語を使う頻度は?

 

 

今日TOEICを受けてきた。

上記の質問は自由回答欄にあったもの。

「多分10%ぐらいかなー」と答えたけども、自身がどのぐらい日常に英語を取り入れているか整理するために、4つ要素(Reading, Listening, Speaking, Writing)に基づいて書き留めておきます。

 

これを読んでいるあなたが日本で『日本語オンリー』の生活を送っていて、英語の勉強を気軽にしたいと思っていて、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

Reading

 

読書や新聞は苦手な私。

そんな私はもっぱらネット記事

主にBuzzfeed記事やSNSで流れてくるコラム記事を閲覧する程度です。

自分の興味の向くものだけ読むので全然苦じゃなく、また使用されてる単語は会話レベルのフランクな言い回しが多いのでとても読みやすい。

記事じゃなくても、心理テスト(quiz)は遊び感覚で英文に触れれるので好き。

あくまで、興味がないものを「勉強のために!」って自分に強制して読むことをしないことがポイント!

 

Listening

 

日常で取り入れやすいのはやっぱり聞くだと個人的に思う。

移動時に洋楽を聞く、そして好きな外国人Youtuberのチャンネルをチャンネル登録して定期的に見る、という2つを主にしています。

音楽はやっぱり好きな歌手がいると聞くのも苦じゃないので楽しい♪

ただ大事なのは、なんとなく聞くだけじゃなくて、歌詞や和訳を確認して曲の内容も気にすること!

そして真似して歌ってみると発音の練習にもなりますしね。♪(´ε` )

YouTubeチャンネルも音楽同様、まずは好きなチャンネルを見つけること!

私は料理チャンネルやハリーポッターマニアのチャンネル、サイエンスチャンネルを登録してます。

動画によっては英語字幕・日本語字幕がでるので、英語学習にもピッタリです。

 

Speaking

 

佐賀の田舎町に住む私。

外国人と関わるお仕事をしてるわけでもないので、普通にすごしてたら英語を話す機会はそうそうない。

でも今はインターネットがある!

ので、私はもっぱら国外の友人とLINEやFacebook messangerを使って電話をよくします。

近況報告などのたわいもない会話も、スピーキングの実績にはもってこい。

時には政治や国際問題について話しますが、その度に自身の語彙力のなさにがっくりします...苦笑

SNS社会の今、リアルでなくてもオンライン上で過去出会った人とも繋がれる時代だから出来ることですね。

ただ大事なのは、外国人の友人を英語学習のためだけに利用しないこと!

あくまで、友人との会話を楽しむことが第一。

 

Writing

 

私の1番の苦手分野。

長文を書く癖をつけようと、日記を書こうともしましたが全然続かない...

そして行き着いたのは、Speaking同様友人とのチャットFacebook に英語で投稿することの2点。

日記だと添削してくれる人がいないと、文法がめちゃめちゃになっていても気づきにくい。

でも他者にも見えるSNSの場だったら、英語話者に間違いを指摘してくれるようにお願いすることも出来ます。

私は基本的に友人限定の投稿しかしないです。そして私の友人は私が英語を勉強していること、間違いを正して欲しいことを知っています。

文法的な誤りや間違った言い回しがあるとメッセージを通して教えてくれるので本当にありがたい。

私も逆に日本語を学習している友人が日本語で投稿していると添削するので、お互いにWin-Win

twitterinstagramではなくFacebookというのも、長文で自身の考えや意見を投稿しやすいのもみそかな。

ここでも、勉強というより、友人に思いを伝えたいという、日本語で物事を書く時と同じ気持ちで書くのがポイント。

 

 

 

4点に渡って、私の日々の英語使用場面を書いてみました。

SpeakingとWritingに関しては英語話者の知り合いがいることが前提で書いていますが、ネット社会の今なので、リアルで英語話者の知り合いがいなくても、オンライン英会話やSNS上の友人でも実践出来るかと思います。

 

日本にいるとどうしても英語力や外国語力を伸ばすのはどうしても難しい。だって日本語ばかりの世界ですから…

でも工夫次第で英語環境は自ら作れるはず。

4点全てに共通するのは、

勉強のためではなく、生活に自然と取り入れること

もっと言えば、習慣になるまで続けれるコンテンツや方法を見つけること

 

「頑張ろう!」と意気込むと、三日坊主になっちゃうかもしれませんし。

無理せず、楽しく、が1番大事だと思います。

 

 

 

以上!また’次の投稿で。

日本語学習から自身の英語学習を見つめる

日本語教師を目指すため、今月から日本語講師育成講座を受講し始めた。

気づけば第二言語である英語を勉強し始めて約15年。

第一言語である日本語を外国語的視点で考えるのがとても、とても面白く、未知の単語だらけで頭くらくらだけど、それがまた楽しい。

 

昨日の授業で日本語学習者がどうやって自身の日本語力を図られるかを知るため、

日本語能力試験(通称:JLPT)の問題を解いた。

JLPTは日本人で言う英検のような、階級別にその人の語学力を図るテスト。

授業ではN1(1級)の問題を例に見てみた。

一番上の級ということもあり、日本で生活するのに問題がないレベルの日本語力が求められる。

文法系の問題は日本人でもしっかり選択肢を読まないとうっかり不正解のものをマークしてしまいそうになる。

語彙系は選択肢を読まずとも、日本語を使って生きてきた人なら文章の流れから空欄に入る言葉がすぐ分かる。

 

 

そんなJLPTの問題を解いていて、つい先日受けた英検を思い出した。

基、英検を受けた時の自分の頭の使い方と、JLPTでの使い方の違い。

母国語だと、知ってる語彙の数は第二言語より圧倒的に多いので、何か空欄があっても補う言葉がすぐ出てくる。

だが学習年数が長い英語は、文章のながれで「なんとなくこの単語来そう」と推測が出来ても、他の選択肢に類義した言葉があるとつい惑われしまう。

要は日常の中で使用頻度が高い言語の方が、少ない言語よりも定着制があるからだろうか…

 

 

私は英語学習を開始した当初から机の上での勉強よりも、ListeningやSpeakingに特化した勉強法を探してきたつもりだ。

(そのせいで、中2の時なんて英語の宿題は積極的にやらず、授業は理解出来てるのに通知表の5段階評価では3だった。笑)

アウトプットが出来る機会を見つけては、恥も気にせずガッツで話してた気がする。

でも、どんなに国内で英語のアウトプットをしたところで、日本にいる以上日本語を超えることは出来ない。

言語力のレベルの線引ってなんだ?ってずっともやもやしてたけど、JLPTの問題と英検の問題を解く時の自身の感覚的違いに気づいた時、その線引がなんとなく分かってきた気がする。

 

 

 

言語学習に終わりなし。

とりあえず今週末のTOEICでレベルチェックしてもっと頑張ろ。

My Name is Eri

お目を止めて下さったそこの貴方、ありがとうございます。

Eriと申します。

ブログのタイトル通り、紫の眼鏡がトレードマークの25歳。

脳内をふわふわを文字化する為にブログを作ってみました。

実物はこんな人↓

f:id:purpleworldlover:20171005165155j:plain

 

気ままに思ったことを書いていこうと思いますが、主に以下の内容が多くなるかなと思います。

  • 外国人向けの日本語教育について
  • 英語等の言語学習全般について
  • 留学について
  • コーヒーブレイクの楽しみ方

 

なぜこういう話題になりそうなのか。

そのことを説明する上で、今回は私の自己紹介を書きます。

 

 

 

生い立ち

1992年夏生まれの現在25歳。

3人兄弟の末っ子で、兄弟の中でも一番大人しく、手がかからない子だったそう。

幼少期からインドア派で、人形遊びやおままごとを好む女の子でひた。

小学校にあがってからも、休み時間は運動場に出るより教室にいるタイプ。

集団で何かをするより、少人数で遊ぶ派。

人と違うことをしたくて、習い事は少年合唱団やジャズダンスといったマイナーなものにチャレンジ!(どっちも1年前後で辞めっちゃったけど笑)

そんな私が唯一続いたのが英語。詳細は次へ…

 

英語との出会いと今まで

小学4年生の冬、家に届いた英語の通信教材の広告。

なんでもパソコンでヘッドセットを使って、発音やリスニングを鍛えるゲームが沢山入ってる当時の最先端の教材。

英語喋れたらカッコイイかも!」と軽い動機で始めてみることに。

別に海外への憧れ等はありませんでしたが、この教材の発音のゲームが大好きで、とにかく放課後家に帰ってからは毎日のようにハマってやっていた。

当時まだ小学校での英語活動は義務化されていませんでしたが、月に何度か校区内の中学のALTが小学校にも来てくれていたため、そのタイミングで頑張って英語で話しかけていました。

実際ネイティブから褒められると嬉しく、学ぶモチベーションは上がり、英語を学ぶがどんどん楽しくなってきたその時(当時小学5年生)、世間は空前のハリーポッターブーム。そのブームにまんまと乗り、ネットでハリポタ関連の動画をいろいろ見ていたある日、キャストの来日記者会見の動画を目にします。

そして気づいた、キャストの背後にいる通訳さんの存在!!

それまで英語は、ただただ楽しみにやっていましたが、この瞬間から私は目的が出来ます。よし、将来ダニエル・ラドクリフの通訳が出来るように英語を勉強しようと。

そう決めた日からそれまで使っていた教材はもちろん、家にあったディズニーのサントラを使って独自の英語勉強法を模索し始めます。

そして勉強すればするほど、実際アウトプットの機会を求め国外への憧れが出てきました。

英語をもっと鍛える為に中高一貫校への進学を目指すも、受験勉強もろくにせず受験したので、当然ながら不合格。

そんなしょぼぼんな気分で迎えた小学校卒業間近、ホームルームで配布されたあるプリントに目が釘付けになります。

ハリーポッターロケ地を巡る!イギリス10日間ホームステイ!

それは留学会社が企画する春休みを使った短期ホームステイの案内でした。

憧れのハリーポッターの本場イギリス、しかも英語のアウトプットを試せるチャンス!

有り難いことに母が貯めてくれてた生まれてからそれまでのお年玉を使い、行ったこのイギリスホームステイが私のその後の進路を変えます。

英語は好きだったものの、耳からの学習ばかりで読み書きをあまりやっていなかったので、正直 I, My, Me, Mine の違いすら当時は分からず、ホストファミリーとコミュニケーションがとれずとても凹みました。

それでも帰国する時には大号泣し、何よりイギリスの空気がとても心地よかった。

そして帰国して私は決める。高校は海外に行こう、と。

有言実行で夢は叶い、実際中学校卒業後からアメリカの私立高校へ進学します。

(留学の話はまた詳しく違う記事で書こ)

卒業後大学には行かず帰国、社会人となりますが、仕事以外にもプライベートでも英語力維持を自分なりにやり、今に至る。

小学4年生で英語学習を始めて、気づけば15年ほど経ちますが、今でも自分に合う英語学習法を模索中。笑

 

多種多様な社会人経験

高校を卒業し帰国した直後の私の漠然とした夢。それは、自身の英語力や留学経験を活かせるお仕事がしたいというものでした。

ただ最終学歴は高卒で、英語系の資格を持っていなかった私に日本社会は厳しく、就活は思い通りに行かず…

結局フリーターとして大手カフェチェーンでバリスタとして勤務しつつ、英語系のお仕事をちょこちょこ頂きました。

英語系のお仕事は、英語サマーキャンプの運営スタッフ、こども英会話の先生(年中・小学生担当)、そして塾講師(小学生英語)を経験。

バリスタさんのお仕事では気づけばアルバイトながら、人材育成やマネジメントも経験させて頂き、そろそろ新しいことに挑戦しようかと言う時、高校卒業時の夢を思い出し留学エージェント数社に履歴書を送ってみました。

そしてその中の1社から採用の通知を頂き、私はフィリピン・セブ島に行くことに。

主なお仕事は現地の語学学校での生徒対応やフィリピン人スタッフのマネジメント、オンライン英会話のカスタマーサポート。

それまで自分の中では未知だったセブ留学の現場に飛び込み、仕事以外でも沢山の刺激を貰った1年間だったなー。

 

そして今目指すもの

さて、こんな感じで英語学習/教育・留学・コーヒー に携わってきた私が今現在進行系で目指しているもの、

それが、日本語教師になることです!

思えば高校時代から日本語を学ぶ外国人に出会う機会が沢山ありました。

その度に簡単な日本語の文法すら答えられない自分が歯がゆく、もやもやしてきた…

私自身たくさんの人から英語を学び今の自分がいるように、

日本語の学びたい外国人のお手伝いをしたい!というのが大きな目的。

正直小学生の時から国語が苦手で、高校卒業して帰国した直後は敬語喋れない・日本語書けない私でしたので、そもそも自分の日本語力を上げるところからのスタート!笑

さっ、目標達成に向けてこつこつやるのみ。

 

 

 

長くなりましたが、こんな人です。

気が向いた時に、気ままに文章を書いていきます。

 

それでは次の記事で。

 

Thank you for reading!!